千葉県柏市・流山市の会社設立サポートオフィス

★トップページ表示用top



会社設立サポートオフィスならここまでできる!他社との比較

.会社設立サポートオフィスのホームページをご覧頂きありがとうございます。

.まず初めに、会社設立サービスについて、当オフィスと他の専門家との比較表をご覧下さい。



.







代表挨拶

はじめまして。

会社設立サポートオフィス代表の大澤拓郎と申します。

会社設立サポートオフィスは、千葉県流山市(流山セントラルパーク駅より徒歩7分)にて、司法書士の大澤拓郎と税理士の藤本陽子が運営しております。

司法書士と税理士の合同運営により、他の事務所にはないサービスを提供し、数多くの会社設立・企業支援の案件に携わっております。



会社を設立し運営していくには、大きく以下の3つが必要です。





・定款作成

 事業内容や組織等、会社の根本規則を定めた文書を定款といいます。

 まずはこの定款を作成することが、会社設立の第一歩となります。

 定款の主な内容としては、会社名・事業内容・本店所在地・株主構成・役員の任期等があり、定款を

 完成させるには、会社法や税法の知識が必要となります。


・会社設立登記(司法書士の独占業務)

 会社という組織は、その存在を登記してはじめて設立したことになります。

 登記手続には、会社法や商業登記法の知識と、豊富な経験が必要となります。

 慣れていない方にとっては複雑かつ大変面倒なものです。


・設立後の経理事務、節税対策(税理士の独占業務)

 会社設立登記が完了したら、いよいよ新会社のスタートとなります。

 会社の円滑な運営上、経理事務や節税対策は避けて通れません。

 法人税法はもちろんのこと、相続税法や消費税法等、あらゆる税法の知識と豊富な経験が必要となります。





上記の3つとも、手間を惜しまず多くの時間を費やせば、全てご自身で可能なのかも知れません。

ですが、時間も体力も使い果たしてしまい、肝心の本業が全く進まない…ということになっては本末転倒です。

これから大きな夢に向かって起業される方にとって、本業以外のことに無駄な時間を費やすことはできないはずです。

大切な会社の第一歩をスムーズに踏み出すためにも、こういった面倒な手続は全て専門家に任せてみては如何でしょうか。



ご覧頂いた通り、会社設立の手続とその後の運営を業務としてサポートするには、司法書士と税理士の両者が必要となります。

当オフィスは司法書士と税理士の合同運営ですので、一箇所で会社設立手続からその後の運営までトータルでサポートさせて頂きます。

ぜひお気軽にご相談下さい。ご連絡頂ければ幸いです。





                            会社設立サポートオフィス代表

お問い合わせ
04-7150-0770
(受付/平日9:30~18:00)
ページトップへ